シャープ加湿空気清浄機 KC-B70 のレビューと効果、置き場所の工夫

子供の鼻水と自分の花粉症、ハウスダストアレルギーの対策、
PM2.5や化繊・建物の化学物質から子供を守るために空気清浄機を買ってみました。

シャープの気清浄機を選んだ理由、使用レビューや効果、置き場所の工夫について紹介します。
 

カテゴリー:KC-B70を選んだ理由

2013年07月06日

シャープの加湿空気清浄機を選んだ理由

日当たりも風通しも割合よい部屋で、
常に空気の入れ替えも掃除もしているのですが、
なぜか子供が頻繁に鼻水を垂らして中耳炎を繰り返し、
耳鼻科通いの日が続いていました。

私も花粉症とハウスダストアレルギーなので、
細かなホコリも気を使って取り除いていたのですが、
なかなか効果がなく、今年は花粉が多いと聞いたことと、
黄砂やPM2.5も気になり、子供と自分のために、
この春ついに空気清浄機を使うことに決めました。

空気清浄機は種類がたくさんあって、
機械が弱い私にはどれが良いのかまったくわかりませんでした。

電気屋さんに行っていろいろ見たり聞いたりして、
最終的にシャープの加湿器付きの空気清浄機にしました。

KC-B70_01.jpg

選ぶ決め手となったのは、

・加湿の性能が高いこと(子供の鼻水対策)
・お手入れと操作が簡単
・電気代が安い
・行き付けの耳鼻科でシャープの空気清浄機が使われていた

店頭ではダイキンの空気清浄機が一番人気と言われたので、
ダイキンに決めようとしたところ、店員さんにシャープをすすめられました。

ダイキンは知名度があるので人気がありますが、
空気清浄力は変わらず、むしろシャープの方が音が静かで風量が強く、
加湿力も高くて消費電力が約半分。
性能的にはシャープがおすすめということでした。

機械オンチな私は、カタログに書かれているような機械の構造や、
数字を見ても何となくいいのかな?くらいしかわからないのですが、
店員さんが比較説明してくれた数字と内容はダイキンよりも少し上なんだ。
と、おぼろげながらわかりました。

あとは子供が行き付けの耳鼻科の空気清浄機をチェックしたら、
シャープだったということと、電気代が約半分ということ、
PM2.5にも対応していることが決め手となりました。



シャープ加湿空気清浄機KC-B70
シャープ加湿空気清浄機 KC-B70

posted by セルフィン at 18:25| Comment(0) | KC-B70を選んだ理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。